36試合目

中日2-3阪神

中日:バルデス、福谷、又吉
阪神: 岩崎、松田、安藤、福原

バルデス。9回2アウトまで128球の熱投。立ち上がり制球に苦しんだが4回以降はほとんど抑えていた。
福谷。乱調。打者2人に四球を出し、ピンチ拡大。
又吉。本来の調子が戻りつつあるも、一打逆転サヨナラの場面を抑えきることはできなかった。

9回の采配が疑問。
バルデスを9回まで引っ張ったのは、本人の意思なのか、ベンチの采配なのか。
9回始まる前に、予め、どこまでバルデスを引っ張るつもりだったのか、考えはあったのか。

①2アウトまで
② 一人走者を出すまで
③同点まで

3つぐらい思い浮かびはするが、
9回もそのまま行かせたなら最後まで投げさせて貰いたかったな。

采配のブレが、福谷・又吉にも悪影響して、
心の準備が整わないまま、マウンドに出され、今日の悲劇を生んだような気がする。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ  ブログランキングならblogram